需要のあるお仕事|介護の求人は拡大傾向にある

求人を探す

介護

いろいろな資格

介護士は、資格がなくても務めることができます。しかし、資格を有していれば一定の技能があるとされ、業務未経験でも歓迎される傾向があります。介護の資格には様々なものがあります。例えば、最も基本的なものとして介護職員初任者研修や、介護職員実務者研修があり、国家資格として介護福祉士というものがあります。しかし、介護福祉士になるには3年以上の実務経験と実技研修を受け、筆記や実技をこなさなければなりません。しかし、実際には実技試験を行なう場合というのは技術講習を受けていない人のみになります。なお、送迎のための介護タクシーを開業する場合、介護福祉士の資格は必要ありませんが、第二種運転免許の資格は必須であり、介護保険タクシーの運転手になる場合は介護職員初任者研修の資格も必要になります。

どちらが良いか

そんな介護関係のお仕事ですが、お仕事を探す場合は求人サイトあるいは雑誌に書かれている求人情報を頼りにお仕事を探すことになります。この求人情報は、比較するとどちらにもメリットがあります。インターネットを活用することでどこへいっても見ることができますし、求人雑誌を読むことで気軽にお仕事内容を知ることができます。そのため、比較するとどちらにもメリットがあり、一概にどちらが優れているのかというのはわかりにくいです。また、比較するのではなくどちらもわせて利用するのが最も賢い探し方であり、比較ではなく、両方使用しましょう。場合によってはどちらかにしか掲載されていないお仕事もあります。